FC2ブログ
虎党居酒屋とらやんけ
毎年、阪神タイガースの優勝を信じ、大阪千日前で虎党居酒屋「とらやんけ」を切り盛りしているマスターの独り言。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3カード連続勝ち越し
オールスター後、3カード連続勝ち越しで貯金3
圧勝とまでは言えないが、接戦を粘り強く戦い勝利をものにしている。
投手力を中心に強いチームの戦い方ができていると言える。
負けた試合もオールスター直後の巨人に2−0接戦負けと
横浜戦のローテの谷間、先発岩崎で落とした2試合のみ。
不細工な格好で負けたとはいえないだろう。

あれだけ、アホの一つ覚え采配でやり続けてきた左右病を
江越には適用せず右投手でも起用し出した今はラッキーボーイの働き。
あれだけファーストストライクから積極的に強いスイングで思い切りの良さを
見せてくれれば気持ちいい。
その逆で言うと良太なんて、甘いボールは見逃し厳しい球やボール球ばかりに手を出す。
典型的な調子の悪い例。
和田監督は「もしかしたら1発が、、、」と良太のパワーに期待しているのだろうが、
今の状態ではバットに当たる気配すら見えない。
調子のいい選手を使っていくと言うのなら、守備力も含め早々に良太スタメン起用はやめるべきだろう。
どの道打てないなら守れる選手をつかえばいい。
最後に地味な部分ではあるが、
後半戦の数試合でキラリと感じたプレーに鳥谷の走塁判断を上げたい。
質の悪いバントに対してスタートを切る判断が絶妙にすばらしい。
本来、ハーフフライ的なバントのスタートは躊躇するもの。
その打球に対して「取れない」と判断するスピードが早いのだ。
足は早い、遅いではなくスタートをいかに早く切るかの判断力が大切。
実際その走塁でチャンスは拡大し得点に結びついている。
タイムリーを打った選手にどうしても目がいきがちだが、
陰にかくれたファインプレーである。
どうやって少しでもホームに近いベースにランナーを進め得点をするのか。。。
これが野球である。








管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 虎党居酒屋とらやんけ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。