FC2ブログ
虎党居酒屋とらやんけ
毎年、阪神タイガースの優勝を信じ、大阪千日前で虎党居酒屋「とらやんけ」を切り盛りしているマスターの独り言。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


堅くいくのか攻めるのか
不調のGから初戦を取った。
決して調子の良くないメッセも悪いなりに調子を整え、
8回2失点にまとめたことは評価できる。
あとは真っすぐの走り、空振りがとれる切れが戻れば問題ない。

東京ドームでの戦いは難しい。
どんな非力なバッターでも1発が出る。
満塁ホームランが打たれても追いつけない5点差で、
ギリギリのセーフティーリードと言えるところか。。。
その中、昨日の6回と8回の攻撃を取り上げてみたいと思う。
3−2と1点リードの6回、先頭の福留が2ベースで出塁。
打順は7番、梅野へと下位打線に向かい、9番メッセの球数は70球そこそこ。
イニング、球数を考慮してもリードしている展開でエースを下げることは考えにくい。
ならば、7番、8番で点をどうやってとるか?となるわけだが、
和田監督は梅野にバントの指示。
回はまだ6回、東京ドームでの戦いを考えると1点負けている、もしくは終盤なら
まだしも、喉からてを出してでも1点を取る場面だろうか。。。
梅野、大和の連打の確率は低いが、1アウト3塁で大和で1点をとる作戦は消極的に思える。
梅野にバントとなると大和の敬遠も踏まえた上でタイムリー、犠飛、スクイズ、相手のミスの
どれかが得点の可能性となる。
加えて言うと前述で書いたがわしは大和の1発は考えていなかった(笑)
そこまで堅くいくのなら当然大和に代打もあろうと考えたが、敬遠を恐れたのか大和をそのまま
打席に立たせ作戦もなく結果はセカンドゴロホームアウト。
一番起こりうる可能性が高い結果だったのではないか?
結局1点も奪えず6回は終わる。
次に8回、3−2の1点差、1アウトから福留四球で出塁。
6回とアウトカウントの差はあっても、同じく打順は7、8番と回る場面。
今度は梅野に和田監督は強行に出た。
結果は右中間突破の3ベースで貴重な1点をもぎ取った。
これは梅野がよく打ってくれたということ。
イニングは8回、4−2の1アウト3塁。ここではどうしても1点を取る作戦が必要となる。
そして、大和に初球スクイズ。結果は失敗だが6回の反省があったのか、
作戦で1点を取ろうという姿勢を見せた。ここは評価できる。
つまり、何が言いたいのかというと、
どこで堅くせめるのか、どこでイケイケで攻めるのか、どこでリスクを背負ってでも何かを仕掛けるのか。
この状況判断がベンチワークにもっとも必要とされる能力ということであり、
もう4年目の和田采配には備わっていなくてはいけない。





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 虎党居酒屋とらやんけ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。