虎党居酒屋とらやんけ
毎年、阪神タイガースの優勝を信じ、大阪千日前で虎党居酒屋「とらやんけ」を切り盛りしているマスターの独り言。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


17日は営業です
今日から後半戦ですね。
17日(月)は営業いたします。
21日(木)が代休となります。
ご理解の程宜しくお願い致します。
後半戦もどうぞ宜しくお願いします。
スポンサーサイト


前半戦を終えて2016
最下位攻防戦をひっさびさの連勝で終え、
かろうじて最下位を逃れて5位ターン借金10のタイガース。
オールスターまでは5割をキープという最低水準すら達成できなかった。
もはや、首位広島は遥か彼方の14,5ゲーム差。
残りゲーム数、これまでのチーム力を考えると2位までの4,5ゲーム差に
目標をシフトし戦っていく方が現実的だろう。
当然、他のチームもAクラス入りを目標に、
チーム方針を切り替えてくることも予想されるだけに、
後半戦のローテーションは重要な要素となってくる。

若手を中心にあの手この手と戦ってきたタイガースだが、
超変革というスローガンはまだまだ現実味を実感させてもらえる内容ではない。
今まで1軍のボールをほとんど打ったことすら、捕ったことすらない選手達に
すぐ結果を出せという事自体が無茶な話ではあるが、
今、経験していることが必ずこれからいきてくると信じて待つしかない。
むしろ、これまでチームが乗って行く事ができなかった要因は
野手ではキャプテン鳥谷をはじめ、西岡、ゴメス、投手では藤浪、岩田、
といったチームの主力メンバー達が期待を大きく裏切ったことが、
今のチームの現状の要因と言っていい。
当然、マートンの代わりに入ったヘイグも言うまでもないが、
新外人というのは当たれば儲けもんくらいで考えていないと、
チーム管理能力が欠けていると言わざるを得ないが、
その部分では首脳陣の見切り決断は評価できると言っていい。

しかし、悪い話ばかりではない。
夏場を迎えて当初のパフォーマンスは落ちているが前半戦を引っ張った岩貞。
1年ローテを投げた事がないことを割り引けば充分評価できる。
1年投げ抜く体力作りという課題が見つかっただけでも岩貞にとって大きなプラス。
育成から即1軍という仰天起用をもろともせず5月月間MVPの原口。
守備力ではまだまだ課題だらけではあるが、非常にこれから楽しみな存在を示してくれた。
序盤に取っ替え引っ替えの若手も、前半終了間際には高山、北條、中谷、江越に照準をしぼった。
どの選手もまだ荒削りではあるが魅力、素質は充分ある。
しかし1年に何人も覚醒させようというのは無謀。
この4人に絞ったならその方向性を崩さず一人は必ず覚醒させるという姿勢で後半戦も挑んで欲しい。

超変革はまだまだ道半ばどころか最初の1歩を踏み出した所。
今一度、キャンプから取り組んできた姿勢に戻って、
後半戦からまた開幕の気持ちで戦う姿勢を取り戻してもらえればと。。。



迷走
どう戦いたいのか、、、
どう育てたいのか、、、
オールスターまでにある程度の方針を示して欲しかったのだが、
まだ数試合あるとは言え、どんどんその視界はかすんでゆく。
金本監督のいう超変革とは、新しい未知なる選手を起用することだけなのか。。。
起用しないことに成長はない。
しかし、起用したからといって成長するという確約もない。
必ず選手にはピークの時期があり、
選手自身それぞれがその経験をどうやってピークの時期までに開花させるか、、、
監督、コーチがどうそこをサポートしてゆくのか。。。
開幕から数々のオーダーを試行錯誤し、若手の積極的起用を続けてきたわけだが、
今は八方塞がりの迷走オーダーのような気がしてならない。
戦術面でもその方向性が迷走。
得点能力が著しく乏しいことで長打を期待する打者を並べ、
簡単に言えば野球が雑と言ったところか。
勝負どころでの采配も開幕当初のような機動力を含めた積極性もなく、
かといって手堅い野球をするわけでもない。
今のままではすべて中途半端な変革に終わってしまうのではないかと、
不安にならざるを得ない。
まだ時間はある。。。
来年、再来年へとつながるビジョンを明確に見せて欲しい。





Copyright © 虎党居酒屋とらやんけ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。